どこまでお祝いを贈るものなのか

子供に関するお祝い事って本当にたくさんありますよね。 親戚や家族、親しい間柄の人の子供にお祝い事があれば是非祝いたいものですが、 ことあるごとにお祝いをしていると贈る側も大変ですよね。 どの範囲までならお祝いを贈ってもよいのでしょうか。 基本的には身内のイベントになりますが、出産は身内に限らず知れば嬉しくなりますし、近しい間柄だと尚更お祝いしたいですことです。 出産祝でしたら、品物や現金を贈る場合があります。 友人や知人の場合は、出産して、母子ともに無事に退院して落ち着いた頃に現金や実用品を中心に贈ると良いでしょう。 出産祝限定のカタログギフトもありますので、現金や商品券だと気が引けるなぁという方にはいいかもしれません。 子供に向けてだけではなく、母親向けにマザーバッグやリュック、育児書なんかを贈る人も居ます。 出産祝のほかには、産まれて一か月目のお祝いの「お宮参り」の時期にお祝いを贈るのもいいと思います。 これは、出産祝の時期と重なりますので、友人知人からというのは殆どありませんが贈っても問題はないでしょう。 本当に近しい間柄で、家族のようにお付き合いをしてきた人でしたら、お食い初めやそれ以降のお祝いを贈ってもよいでしょう。 そうでない場合は、その家庭において一番のイベントとなるのはやはり出産になりますので、その際にお祝いを贈ればよいと思います。 もしお祝いとしてなにか品物を贈る場合は、大きいものは身内から届いていると思うので、赤ちゃん用の靴やおもちゃ、離乳食用の調理器具等を贈ってあげると喜んでもらえるかも知れませんね。 子供に関しては、身内のイベントになってしまいますので出産以降のものに関して「贈りたいけど躊躇われる」といった事も起きるかと思います。 そういった場合は、思い切って相手に聞いてみるのも一つの手かもしれませんね。

Copyright(C) 子供のお祝いごとって多いよね All Rights Reserved.