子供のお祝いごとは多い

大人になると、就職や結婚等のお祝い事はありますが、やはり子供の時期が一番お祝い事が多いですよね。 昔、まだ医療などが発達していなかった頃は、子供が産まれてすぐに死んでしまったり、大人になる前に死んでしまったりすることが多くあったため、大人になる前の方がお祝いが多いのです。 いまの日本は、高齢社会と呼ばれるくらいに、長寿の人が増えていますので、昔のように産まれてすぐに死んでしまったり、大人になるまで生きていることができないという人は少ないかもしれません。 そのため、このようなお祝い事も昔とは意味合い自体は変わってきているかもしれませんね。 しかし、それでも子どものためのお祝い事のそれぞれの意味を理解して、家族みんなで祝福をすることはとても良いことではないでしょうか。 無事に産まれてくるように祈り、産まれてきて名前をつけ、産まれてきたことを祝い、一か月何事もなく無事に迎えられたことを祝い、乳歯が生えてきたころに食べることに困ることのないよう祈りを込めながら初めて母乳以外の物を食べさせたり、初めての節句を迎えられたことを祝い、子供の成長を祝い、学校で学べることに感謝し、大人になったことを祝い、本当にたくさんのお祝い事があります。 特に、出産は母子ともに大変な時で、場合によっては両方とも命の危険にさらされる事もあります。 ですので、無事に産まれてきてくれた時には周囲の人にも幸せや喜びが伝わる瞬間でもあり非常におめでたいことす。 このような習慣やお祝いを通して「家族」というものの絆が深まったりもしますし、また周りの人に折に触れて感謝をする機会でもあります。 中には、お祝い事の準備やいろいろな手配を少しめんどうに感じる人もいるかもしれませんが、そのように周りに感謝をする機会としてとらえると悪いものではないと思います。 せっかくのお祝い事、今はカメラやビデオ、それからさまざまな記念品などで思い出に残すことができますので、みなさんもせっかくやるなら楽しくお祝いしてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 子供のお祝いごとって多いよね All Rights Reserved.